風 花 野 文 庫

人から人へ旅を続ける古本たち。

私の手元に辿り着くまでには
きっと長い物語があったでしょう。
そして、
捨てられずに旅を続けている本たちはきっと存在する意味があるのだと思っています。
その本たちとの  「 結び役 」 ができたらいいな と。

 

「日々の暮らしに時々(ドキドキ)、本 」

 潤いをもたらしてくれるような、
   こころに元気を与えてくれるような、
           何度でも読みたくなるような・・・
   そんな魅力的な本を取り揃えています。
   まずは、手にとってみてください。
そこから、何かがはじまるかもしれません。
               『古本と人とのふれあいの場』
                                            
                                           風花野文庫

                               top